老人性イボの治療法|気になるなら病院へ行こう

メラニンでできる

レディ

主な原因と間接的原因

老人性イボは老化現象の1つであり、高齢者に見られます。原因は紫外線です。長年浴びてきた紫外線によりイボ状態になります。イボ状態になる前は、シミの状態です。シミはメラニン色素で作られます。通常は皮膚の表面に出てきて、角質と一緒に排出されますが、これが加齢とともにうまくいかなくなってきます。肌のターンオーバーが弱まっている状態だと、メラニンが少しずつ蓄積し、シミの状態になります。この状態ではまだ老人性色素斑です。老人性イボは老人性色素斑が変化してできるものです。角質がどんどん厚くなっていき、膨らむことでイボになります。表面が硬くなり、ザラザラとしてきます。まれに遺伝的な要素で20代の若い人にもできることがありますが、たいていは40代、50台からでき始めます。紫外線をよく浴びてきた人ほどなりやすいです。原因が紫外線なので、この老人性イボができにくい人は紫外線対策をきちんとしてきた人です。また、お肌のターンオーバーがうまくできている人もなりにくいです。スキンケアでメラニンの生成を抑制したり、血行をよくするような生活を送っていればイボができにくいです。ストレスを過度に抱え、睡眠不足に陥っていると、お肌の循環もうまくできません。結果、メラニンが蓄積していきます。老人性イボの直接の原因は紫外線ですが、生活習慣、食生活も間接的原因となっています。普段から栄養に気をつけ、睡眠をきちんととり、適度に身体を動かすよう心がけましょう。