老人性イボの治療法|気になるなら病院へ行こう

レディ

メラニンでできる

老人性イボは年を取ると誰でもできる可能性が高くなります。原因は紫外線なのでなるべく紫外線の影響を避けるようにします。間接的原因としてお肌の循環がうまくいかないような生活があげられるので、お肌にいい生活習慣を身に着けるようにしましょう。

ドクター

様々な方法で治療できます

老人性イボは紫外線の刺激や加齢により起こる良性のイボ状の状態を言います。見た目が気になったり日常生活で支障がある時には、皮膚科で様々な治療が受けられます。保険が適応されるものとされないものがあるので、事前に調べておくことが大切です。

女の人

レーザーでイボを撃退

茶色い老人性イボは良性の腫瘍ですが、炭酸ガスレーザーという方法で除去することができます。施術は一回で済む上に、一万円以内という手ごろな価格で受けられるのは嬉しいポイントです。痛みを感じることはないので、安心して施術を受けることができます。

根本からの治療を目指せる

カウンセリング

安全性が高く顔面にも適用

老人性イボの治療には幾つかの選択肢があります。中でも主流となっているのが液体窒素による凍結療法と、炭酸ガスレーザーでイボを削り取る方法です。麻酔が不要で手軽に出来るというのが液体窒素を使った除去のメリットです。除去時には多少の痛みを伴うため、痛みに弱い方には痛み止めを使用する場合もあります。デメリットとしては老人性イボを完全に取り去るまでには治療を繰り返す必要が出てきたり、治療後の炎症が強く色素沈着や跡が残る可能性があることが挙げられます。こうした性質上、主に顔以外の部位に用いられることが多いようです。顔面に対しては炭酸ガスレーザーを照射する方法が主流となっています。局所麻酔の必要はありますが治療自体に痛みは少なく、液体窒素と比べて跡が残りづらいというのが、レーザー治療のメリットです。老人性イボの大きさや深さに合わせて、細かく照射範囲や掘削具合を調整できるのも利点と言えます。治療時間は十分程度、回数も概ね一回で終了する場合が多く、然程大きくないものであれば一週間程で傷も目立たなくなってきます。ダウンタイム中は患部への化粧はしない、赤みが消えるまでは紫外線対策は万全にするといった医師からの指示を守れば、殆どの場合で跡を残さず根本から老人性イボを治療することが可能です。イボの出来た部位や大きさ、状態によってはレーザー治療が適用外となるケースもあるので、事前にクリニックに確認しておくと良いでしょう。